在校生・卒業生の声

数理解析分野

鯵坂明さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、数理解析分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    数理工学専攻で学ぶ内容は、応用範囲が広く、自分の興味に合致していたからです。また、魅力的な教授陣に強く惹かれました。
     
  • 入試の勉強
     
    学部の講義ノートを参考にしながら、過去問のうち、基礎数学、線 形計画、応用数学、オペレーションズリサーチ、力学系数学の内容 を数年分解きました。解けなかったところは研究室の先輩や同回の 人に質問して、理解を進めていきました。
     
  • 入試のための情報収集
    数理工学専攻のホームページを見ると過去問があったので、ダウン ロードして学習に役立てました。
     
  • 研究室の様子や感想
    優秀な先輩方に刺激を受けつつも、アットホームな感じで研究を進 めています。
     

前田一貴さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、数理解析分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    私の興味・関心は主に数学と計算機にあったため,双方が研究対象 の数理解析分野はとても魅力的でした.
     
  • 入試の勉強
     
    過去の試験問題 (微分積分,線型代数,複素解析,力学系理 論,数理計画) を解きました.学部で学んだことの復習がで き,後に役立ったような気がします.
     
  • 入試のための情報収集
    数理工学専攻のウェブサイトを毎日見ました.
     
  • 研究室の様子や感想
    非常に個性的な教員,学生が揃っており,圧倒されます.忙しくも 充実した毎日を送れています.
     

離散数理分野

清水俊宏さん
(修士課程1回生、早稲田大学理工学部数理科学科卒、離散数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部時代には割と純粋な数学を勉強していましたが、もう少し応用的な数学を勉強してみたいと思ったこと、および学部時代に所属していた研究室から、数理工学専攻に進学した先輩方が何人かおり、その先輩方からの情報が受験しようと思った大きな動機につながりました。
     
  • 入試の勉強
     
    ホームページに掲載されている過去問をダウンロードして勉強しました。また、各問題に対する自分なりの答案をなるべく自分の言葉で記述してファイルして残しておくように心がけました。説明会等で過去問の解答(あくまで答案例)がもらえるのでそれと比較してみるとよいと思います。さらに、当時所属していた学科では習っていないが興味を持っていた分野(主に工学系の分野)については自分で本を買って勉強しました。最終的に、基礎科目・専門科目共に4科目ずつ勉強し、試験ではそこから2科目ずつを選ぶ形となり選択肢が多かった分負担は少なかったです。個人的には線形計画法とオペレーションズリサーチは毎年比較的解きやすいので、他分野志望の方にもおすすめだと思います。
    英語に関しては、速読速聴・英単語なる本などを勉強しました。理系に関する英文を読んで内容把握をする訓練などをしておくと良いかもしれません。内容を把握しつつ和訳・英訳をする問題が出るようなので、それに関する対策もしておきましょう。
    入試の選考基準において、内部生と外部生に差はないようですが、入試の勉強においては学部時代に出題分野と同じ科目の講義やゼミを受けられる環境にあった内部生の方が若干有利になってしまうようですので、外部からの進学を考えている方は気を引き締めて勉強してください!
     
  • 入試のための情報収集
     
    数理工学専攻のホームページにアクセスし、各研究室の研究内容や雰囲気についていろいろと調べました。また、同ページから過去問をひととおりダウンロードしました。さらに、6月の説明会に出席し、その際にいくつかの研究室を見学しました。見学の際に、研究室の先生方や先輩の話を直に聞くことができるので大変参考になります。進学を考えている方は、実際に説明会や研究室に赴いて数理工学専攻の雰囲気を実感されることをおすすめします。
    入試は一つの通過点であって、入試に合格した瞬間はゴールではなくスタートであるということを忘れないようにしましょう。したがって、入試に受かることももちろん大事ですが、それと平行して入学してからの院生生活を考えた上で研究室を決めるように心がけましょう。
     
  • 研究室の様子や感想
    工学部8号館の建物は伝統と格式のある作りで設備もよく、各個人には広い机や2台のPCが与えられています。室内には多くの研究資料などがあり、研究に必要な環境が充実していることはもちろん、研究に疲れた頭を一休みするのにも最適な環境が整っています。
    学生たちは明るく、親切で、とても良い雰囲気です。留学生の方々も何人かおり、国際色も豊かです。外部生は自分のみでしたが、すぐに慣れることができました。
     

辻川貴哉さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、離散数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    グラフ理論に興味があったので数理工学専攻を志望しました。
     
  • 入試の勉強
     
    専攻のウェブで公開されている過去問を中心に勉強しました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室の先輩に教えてもらいました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    学生同士の仲もよく、明るい雰囲気で馴染みやすいと思います。先生や先輩方も大変親切に指導して下さいます。ゼミや勉強会の質も高く、よい刺激になると思います。
     

最適化数理分野

阮可さん
(修士課程1回生、京都大学経営管理大学院経営管理専攻修了、最適化数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    経営管理大学院で勉強する頃金融の分野に興味を持ちまして現実の世界の金融現象をモデル化するために数理工学の知識が必要だと感じ、自分も数学が好きなので数理工学に進むと決めました。
     
  • 入試の勉強
     
    最初にホームページで過去問を調べました。それから、研究室訪問をして先輩たちがいろいろと熱心に過去問に関する情報を教えてくれました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    専門科目に関しては経営管理大学院で応用数学の授業が少ないので教材書を使って勉強しました。たとえば、線形計画と非線形計画の問題を習うなら「数理計画入門」(福島)、「非線形最適化の基礎」(福島)を勧めます。前者が基礎的な知識を取り扱って後者がやや理論的な本で参考になれます。 英語に関しては過去問題を見て日本語に訳す練習をやりました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    研究室ではみんなさんが親切でわからないところがあればすぐ教えてもらいました。学生のみんなさんが各自の研究課題をどんどん進めていることに感心しました。一方、研究設備が非常にそろっていて研究にとても役に立つと思います。
     

尾添俊介さん
(修士課程1回生、大阪大学工学部応用自然科学科卒、最適化数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    最適化の手法が工学分野にとどまらず他の様々な分野にも応用が可能であることに興味を持ったので本専攻を受験しました.
     
  • 入試の勉強
     
    学部時代の教科書や図書館で借りた本を参考にして,数理工学専攻のHPにアップロードされている過去問を解きました.
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室の先輩方から入試関連の情報を得ました.研究室訪問しなければわからないことがたくさんあると思うので,少なくとも1度は訪問することをお勧めします.
     
  • 研究室の様子や感想
     
    研究室の雰囲気は非常に良いです.研究や就職活動に関する相談や個人的な相談にも懇切丁寧にアドバイスしてもらえます.
     

応用数理モデル分野

長田洋志さん
(修士課程2回生、京都大学工学部情報学科卒、応用数理モデル分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部のころは制御システム論の研究室で勉強していたのですが,研究会で応用数理モデルの先生方の発表を聞いて,自分もビジネスの問題に数理を応用してみたいと思い今の研究室を志望しました.
     
  • 入試の勉強
     
    最適化と制御に絞って勉強していました.学部のころの教科書を読んで基礎を復習しました.演習は研究室に先輩方が残してくれた過去問の解答があったので,それを使いながら勉強しました.研究室の同期で院試対策のゼミを何回か開き,過去問を使って議論しました.
     
  • 入試のための情報収集
     
    院試説明会に参加して先生から直接話を聞きました.研究室の先輩からも情報を集めました.また,他の研究室の同期とも積極的に情報を交換しあい,過去問の解答なども共有するようにしました.
     
  • 研究室の様子や感想
     
    普段は制御システム論の研究室で一緒に勉強させてもらっています.学生同士はとても仲がよく,研究以外にもよく遊びに行ったりします.応用数理モデルの学生は,年に1, 2回,日立製作所のシステム開発研究所にインターンシップに行くことになります.企業の研究所の雰囲気が味わえたり,たくさんの研究者と話をすることができるので,とても貴重な体験になります.
     

制御システム論分野

今井義弥さん
(修士課程1回生、京都大学理学部数学系卒、制御システム論分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    数学の応用に興味ち、説明会に行ってきめた。
     
  • 入試の勉強
     
    過去問を見て、入試本番で基礎科目・専門科目それぞれ最低2問解けるように勉強した。
     
  • 入試のための情報収集
     
    ホームページにアップロードされている過去問と、学部の授業で使用するような教科書。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    学生同士の仲がいいです。
    やりたいことがあれば研究課題は比較的自由に選ぶことができるそうです。
     

物理統計学分野

中本武志さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、物理統計学分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    現実世界の複雑な現象を数学的に表現し、理解することと、それに基づいてシミュレーションを行うことに興味があったためです。特に経済時系列を扱う研究に取り組みたかったので、この研究室を志望しました。
  • 入試の勉強
     
    始めに試験で解く問題の分野を決めました。その後はとにかく過去問を解きました。学部の頃のノートや出題範囲の参考書を読みながら解き進めました。早い段階で各分野の過去問に一通り取り組んでみて、自分に足りないことを認識し、克服していくと試験までのスケジュール管理がうまく行えると思います。
     
  • 入試のための情報収集
     
    基本的に研究室の先輩にお話を伺いました。他には数理工学専攻のサイトを見て過去問をダウンロードしたり、入試要項を熟読していました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    大学院生にはLinuxデスクトップとWindowsノートが貸与されており、シミュレーションなども容易に行える環境が整っています。とても便利なLANが構成されており、その運営方法についても学ぶことができます。先輩方も気さくな方が多く、明るい雰囲気の研究室です。皆、自分の思うように研究・勉強しています。現在は、ネットワークや経済時系列について研究している人が多いです。
     

伊藤康輔さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、物理統計学分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部のときから、この研究室にお世話になっており、大学院に進学しても引き続き、同じ研究室で研究を行いたいと思いました。
     
  • 入試の勉強
     
    各研究室には、過去問と歴代の先輩方が作った解答があるところが多いと思いますので、それらを中心に勉強されたらいいと思います。やはり、物理統計学研究室なので、物理統計をとることをお勧めします。
     
  • 入試のための情報収集
     
    入学後配属を希望する研究室を訪問することで、研究室での生活、勉強方法、研究内容などについて、研究室に所属するひとたちから色々と教えてもらえると思います。また、各研究室には、過去問と歴代の先輩方が作った解答集があると思うので、尋ねて見るとよいでしょう。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    この研究室は、いろいろな方が書いていらっしゃるように、一言でいうと"自由"だと思います。ですが、それを生かすも殺すも自分次第なので、気を引き締めていきたいです。
     

力学系理論分野

小川駿さん
(修士課程1回生、東京工業大学理学部物理学科卒、力学系理論分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部では主に物理を勉強していましたが、より数学的に取り組みたいと思い、大学院では数理物理や応用数学の研究室に行こうと決めました。特に力学系をやりたかったので、数理工学専攻の力学系理論分野を志望しました。
     
  • 入試の勉強
     
    過去問を解きました。工学系の科目には全く触れていなかったので、基礎数学I,II、基礎力学、応用数学、力学系数学、物理統計学の準備をしておきました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室のウェブページと、専攻の説明会です。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    和やかな雰囲気の研究室です。拘束がほとんど無く、やりたいことを自由に勉強、研究できる所だと思いました。ここの研究室は力学系理論分野とありますが、例えば量子論の研究を行っている方もいて、研究内容は人によってかなり違っていることもあります。そういうわけで、いろいろな話が聞けるので面白いと思います。
     

松本昇吾さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、力学系理論分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
    元々工学に興味があったのですが、より数学的な立場から工学をやってみたいと思い受験しました。
     
  • 入試の勉強
     
    6月頃から過去問を解き始めました。基礎科目は基礎数学I、線形計画、基礎数学供∪賁膕別椶榔用数学、オペレーションズリサーチ、グラフ理論、力学系数学に絞って勉強しました。過去問はなるべく自力で解くようにしましたが、分からないところは本で調べたり、研究室の先輩に教えていただくこともありました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    入試説明会に参加したり、数理工学専攻のホームページを見たりして情報を得ました。外部からの受験ではないので、研究室の先輩に話を伺うこともできました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    あまり拘束がなく自由な研究室です。先生方、先輩方はとても優しく、研究室の雰囲気はいいと思います。いろいろとおもしろい研究室です。
     


Last-modified: 2012-05-02 (水) 15:34:55 (1850d)