在校生・卒業生の声

数理解析分野

槇原嵩太さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、数理解析分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
    学部のときに,お世話になった研究室が数理工学専攻だったからです.
     
  • 入試の勉強
     
    研究室内で勉強会が開かれていたので,それに参加しました.そこでは主に,線形計画,線形代数,オペレーションズリサーチ,力学系理論の勉強をしました.
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室の友人や先輩に聞きました.英語の試験内容(TOEICやTOEFLを前もって受ける必要がある)や願書の締切り日,などは把握しておいた方がいいかもしれません.
     
  • 研究室の様子や感想
     
    優秀な方々に囲まれ,刺激を受ける毎日です.
     

三木啓司さん
(博士後期課程1年、京都大学情報学研究科数理工学専攻修士課程修了、数理解析分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部時代は単純に数学に興味があったのと、研究室訪問を行った際に良い印象を持ったという理由から数理解析分野に配属を希望しました。研究室に在籍しているうちにもっとここで研究を続けたいと思うようになり、修士・博士後期課程と同研究室を受験しました。
     
  • 入試の勉強
     
    私は博士後期課程(内部進学)での受験でしたので、筆記試験は行われず自身の研究内容をプレゼンテーションで発表するだけでした。ですから対策らしい対策はせずに普段から研究をしっかり続けていました。修士課程を受験した際にはホームページにある過去問を一通り、特に基礎数学・応用数学・力学系数学を重点的に解きました。また、研究室の同期と週に2・3度自分達で解いた過去問の解答を互いに検討していました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    上述の通り、筆記試験は行われなかったため特に情報収集は行っていません。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    学生一人一人に広めのスペースが与えられ、ノートPCやデスクトップPCも貸与されます。本も豊富にあるため研究を行うには最適な環境だと思います。また、研究熱心な人も多く分からない点があれば一緒に考えたりしてくれます。
     
     

離散数理分野

清水雅章さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、離散数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    離散的なアルゴリズムについて興味があり,また離散数理分野の研究室の研究テーマの中にやってみたいと思うものがあったので,数理工学専攻を受験しました.
     
  • 入試の勉強
     
    学部のころの授業の復習を少しやったあと,専攻のホームページにアップロードされている過去問をダウンロードし,ひたすら解いていました.
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室の先輩から問題などの情報について聞きました.また専攻のホームページも参考にしました.
     
  • 研究室の様子や感想
     
    各自机と2台のPCが与えられるなど,設備的には充実しています.学生間の雰囲気もよく,先生方も丁寧に指導してくださるので,どんどん自分の研究を進めることができると思います.また研究会で他の学生の研究発表を聞くのもよい刺激になります.
     

高明姫さん
(修士課程1回生、中国遼寧工業大学数理系卒、離散数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    パズルに興味があったので離散数理分野を選びました.
     
  • 入試の勉強
     
    受験予定の科目の先生の授業を聞いたり,過去問を勉強したりしました.
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室の先輩から過去問などいろいろ教えてもらって役に立ちました.
     
  • 研究室の様子や感想
     
    先生も先輩も優しいです.勉強の時は厳しい場面もあります.
     

最適化数理分野

西森雅峰さん
(修士課程1回生、同志社大学工学部インテリジェント情報工学科卒、最適化数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    理論的なことをやりたかったため,数理工学を受験しました.
     
  • 入試の勉強
     
    過去問をひたすら解いていました.
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室を訪問しました.~
     
  • 研究室の様子や感想
     
    みなさん,気さくな方ばかりで,過ごしやすい研究室だと思います.
     

森田佳祐さん
(修士課程1回生、大阪大学基礎工学部システム科学科卒、最適化数理分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    3回生の夏に企業が行うインターンシップに参加しました。その際に、最適化の手法が工学の分野以外にも応用できることを知りました。現実問題に対して数理的なアプローチを行う最適化分野に非常に魅力に感じ、本専攻を受験しました。
     
  • 入試の勉強
     
    勉強は5月の末〜6月初めあたりから始めました。最適化と制御と線形代数を勉強しました。勉強は参考書と過去問を照らし合わせて、重要だと思われる部分を中心に行いました。過去問は10年分くらいは解いた気がします。参考書は福嶋先生の「数理計画入門」、片山先生の「フィードバック制御の基礎」、川久保先生の「線形代数学」を主に使用しました。 TOEICに関しては公式問題集vol1,2を中心に勉強しました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    研究室訪問を行い、過去問の解答とお勧めの参考書を教えていただきました。研究室の雰囲気を知るためにも研究室訪問は早めに行っておくほうがよいと思います。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    皆さん一人ひとりが研究を始め様々なことに熱心です。皆さんの人柄もよく、雰囲気は非常に良いと感じています。研究や就職活動等の質問や悩みに対しても丁寧に相談にのってもらえます。良い刺激をたくさん得られる環境がここにはあります。
     

制御システム論分野

譚シンさん
(修士課程1回生、上海交通大学電子電気学部自動化学科卒、制御システム論分野) ~

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部時代の専攻は制御でした。やはり興味があるので、今の研究室を志望しました。
     
  • 入試の勉強
     
    来日する前にはホームページで過去問を調べました。研究生として京都大学に来た後、図書館でこちらの学部の教科書を読みました。研究室の皆さんも試験に関する経験を色々と教えてくれました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    ホームページで調べしました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    研究室は新校舎に在った為、思ったより広くて居心地が良い。学生の皆さんも仲が良くて、雰囲気は明るいです。また、ゼミと研究会との質も高く、先生方の指導の下で、とても良い研究が出来そうです。
     

金井良太さん
(修士課程1回生、大阪大学工学部応用自然科学科卒、制御システム論分野) ~

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    阪大では計算物理分野の研究室に所属していたのですがその時に計算物理分野の背景にある数学理論に興味を持ったことがきっかけです。そしてそこから数学の応用的な利用がなされている学問領域について勉強したいと思い探していたところ、本専攻がまさにそのような研究をしていたので受験することに決めました。
     
  • 入試の勉強
     
    基礎科目は線形代数・線形制御理論・線形計画の3科目を、専門科目は複素解析、オペレーションズリサーチの2科目に絞って勉強をしました。基礎科目の線形代数や線形制御理論、複素解析は学部時代の教科書を使って復習をし過去問を5年分ぐらい解きました線形計画や、オペレーションズリサーチは学部では勉強したことがなかったので、入試説明会の際に研究室の方に線形計画とオペレーションズリサーチの講義ノートをコピーさせてもらい勉強しました。線形計画やORは院試の問題的に比較的独学しやすい科目だと思います。また院試の勉強は、5月の下旬頃から勉強し始めたと思います。
     
  • 入試のための情報収集
     
    自分は数理工学専攻の入試説明会に出席し研究室を訪問した際、研究室の方々に院試の勉強する際に使用していた参考書を教えてもらいました。数理工学専攻の入試説明会は、外部から受験する方にとって研究室の雰囲気や入試関連の情報を得られる数少ない機会なので受験しようと考えている方はぜひ参加することをお勧めします。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    研究室は学生間や先生と学生の距離が近く、研究室全体の雰囲気も和気あいあいとしているのでとても研究しやすい環境だと思います。
     

物理統計学分野

池田和雄さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、物理統計学分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    もともと数理工学コースで勉強していて、数理の分野について興味があったので、本専攻を受験しました。
     
  • 入試の勉強
     
    基本事項の確認、あと、線形計画やオペレーションズリサーチ、物理統計学などの過去問を解くことを中心に勉強を行いました。基礎科目、専門科目のそれぞれ3科目は大丈夫なようになることを意識しました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    数理工学専攻のホームページにある過去問や、研究室に置いてあった過去問を参照し、学習に役立てました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    先輩方は気さくな方々が多く、いい雰囲気の中、研究することができます。皆、自分の思うように研究や勉強などを行っています。
     

野田実さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、物理統計学分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    確率過程や大規模データ解析といったキーワードに強い興味をもっていて、学部時代から物理統計学分野に所属していました。大学院に進学して、いまの研究を続けたいと思い当分野を志望しました。
     
  • 入試の勉強
     
    受験科目は物理統計学、オペレーションズ・リサーチ、線形計画、線形制御理論にしぼり、5月下旬から院試勉強を開始しました。学部時代に使用していた教科書、ノート等で復習し、基礎が理解できたら、研究室所有の過去問解答を参考にしながら過去問を解いていきました。
     
  • 入試のための情報収集
     
    基本的には研究室の先輩に話を伺っていました。希望する研究室を訪問すればその研究室の雰囲気もわかりますし、過去問の解答なども貰えると思います。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    時間的には自由が多く、週1回の研究会やM1ゼミ、個人ゼミ以外には拘束時間はありません。有り余る時間と自主性を重んじる雰囲気の中で、興味の赴くままに研究活動をすすめることができる研究室です。
     

力学系理論分野

熊谷充敏さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、力学系理論分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    数学に興味があったからです。
     
  • 入試の勉強
     
    過去問を中心に基礎数学、線形計画、応用数学、オペレーションズリサーチ、力学系数学の準備をしました。一緒に受験する友人と行った自主ゼミが、勉強の効率化とモチベーション維持の両面で非常に役に立ったと思います。
     
  • 入試のための情報収集
     
    数理工学専攻のホームページを見たり、研究室の先輩方に話を伺うなどして情報を得ました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    和やかな雰囲気の研究室です。あまり拘束もないので落ち着いて勉強、研究をしたいという人にはぴったりの研究室だと思います。
     

鈴木達哉さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、力学系理論分野)

 
  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部で勉強した内容で物足りず、より発展的な内容を学びたいと思ったことと、所属していた現在の研究室が楽しく、修士もここで勉強したいと思ったことが理由です.
     
  • 入試の勉強
     
    過去問を解きました。基礎科目は基礎数学,/線形計画、専門科目は応用数学/オペレーションズリサーチ/力学系数学に絞って過去5年分を解きました。受験生仲間4人で開いた自主ゼミが非常に有効だったと思います。
     
  • 入試のための情報収集
     
    ここを見ました。後は専攻の説明会にも参加しました。
     
  • 研究室の様子や感想
     
    学生の自主性を重視しており、自由な研究ができます。先生方が気さくで、なごやかな雰囲気です。
     


Last-modified: 2012-05-02 (水) 15:34:13 (1967d)