在校生・卒業生の声

数理解析分野

石川貴弘さん
(修士課程1回生、京都府立大学生命環境学部環境・情報学科卒、数理解析分野分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部時代に興味をもった一次元格子上を玉があるルールで動く箱玉系が可積分系と関係があったので数理工学専攻を受験しました。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    数理工学のホームページ、説明会、研究室訪問で情報を集めました。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    上3重対角行列の固有値計算アルゴリズムの定式化
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    PCや書籍などの設備が充実しており研究するには良い環境です。また、教員との距離が近く、生徒同士の仲もよいのでアットホームな場所です。毎週行われるコロキウムでは、他大学などの違う分野を研究されている方の講演も聞くことができるので、魅力的です。
     

高松啓太さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、数理解析分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部のときと同じ研究室だったからというのもありますが、学部のときと同じ研究室を引き続き受験しようと思ったのはやはりもともと数学が得意で、数学を用いて身の回りの数理現象を 簡単なモデルによって解析できる点に魅力を感じたからです。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    基礎科目、専門科目ともになるべく多くの科目を勉強しました。実際に解答するのはどちらも2科目ずつですが、問題の難易度に応じてある程度臨機応変に対応できるように3~4科目ずつくらい勉強しておくといいと思います。また、必要に応じて過去に履修した科目の講義ノートや 研究室に多数置いてある過去問や参考書類を確認しました。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    可積分系と呼ばれる系に関する理論の研究を行っています。
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    研究室内は個人のスペースが確立されており、快適に過ごせます。また、全員参加の研究会を除いて自由に時間がとれるので、趣味や就活などとの両立もできます。また、分からないことがあれば先生方が丁寧に指導してくださります。
     

離散数理分野

花井章剛さん
(修士課程1回生、横浜国立大学工学部知能物理工学科卒、離散数理分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部時代にアルゴリズム理論・グラフ理論に興味を持ち始め、より深く学びたいと思い複数の研究室を見学しました。その中で現在の研究室が面白そうだと感じたので受験しました。大学全体の自由な雰囲気にも惹かれたのも動機の一つです。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    ホームページで公開されている「在校生・卒業生の声」はとても参考になりました。研究室見学に伺った際には過去問情報を教えていただいたり、過去問のコピーをいただいました。その後、アルゴリズム基礎・線形計画・OR・グラフ理論の4科目を試験当日に選択する予定で勉強しました。アルゴリズム基礎とグラフ理論に関しては基礎用語を知っている程度、他2科目は初学からスタート。その状態でも入試までに対応できると思います。以下の参考書で試験に出るところを重点的に勉強しました。アルゴリズム基礎『Cによるアルゴリズムとデータ構造』、グラフ理論『グラフ理論―連結構造とその応用』、線形計画とOR『新版 数理計画入門』。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    化学物質をグラフ構造とみなした「化学グラフ」に関する研究を行っています。具体的には、様々な制約下で可能な構造を数え上げる効率の良いアルゴリズムの設計を行っています。
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    建物の外見は古めかしい印象を受けますが、中はとてもきれいです。普段は内部・外部関係なく和気あいあいと過ごしています。
     

岩出健さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、離散数理分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    学部生の際に当分野に配属され、引き続き同じ研究室で研究を進めていきたいと思い受験しました。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    基礎科目、専門科目のそれぞれ2、3科目を中心に勉強しました。過去問を解いてみて、理解の浅い部分を参考書で補っていきました
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    離散アルゴリズムの研究を行っています。
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    研究室は備品も充実していて快適です。また、輪読と研究会(それぞれ週1)以外は拘束時間はなく、自由に時間を使えます。
     

最適化数理分野

雜樹さん
(修士課程1回生、関西学院大学理工学部情報科学科卒、最適化数理分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    数学が好きで,数学やその応用の研究全般に興味があったから.学部時代の担当教員に,優秀な教員が揃っていると教えてもらったことも京大の数理工学専攻を選んだ一因と言えると思います.
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    私は学部時代の研究がそのまま入試対策にも繋がる科目をいくつか選ぶことが出来たのでそういう意味では恵まれていたかもしれません.しかし,やったことといえば他の方と同様で過去問の繰り返しでした.その際,過去問には答えがないので,京大の数理工学専攻所属の教員や元教員の方が執筆された本を図書館で一通り借りて自分で解答を作りながら対策をしました.それらの本には入試の過去問に非常に似た問題が,時に解答つきで掲載されている場合も多く非常に参考になりました.ORや線形計画やグラフ理論やデータ構造とアルゴリズムはこの傾向 が顕著だと思います.
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    大規模な無制約最小化問題に対する解法の研究
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    拘束時間はゼミの時間以外特にないですが部屋が広く優しい人が多く居心地がいい研究室なので平日休日かまわずほぼ終日誰か人がいています.研究はもちろんですが,それ以外でも参加するコンペティションの準備やゼミの準備,時には遊びのために滞在している人たちもいて,各々が自由過ごせる研究室です.研究やゼミの準備にはかなり真剣に取り組むのでメリハリのある研究室だともいえると思います.数理工学専攻に入ってよかった点は,自身の所属する研究室の教授と助教はもちろん人格能力ともに優れている教員がそろっている点です.
     

上浦伸也さん
(修士課程1回生、同志社大学文化情報学部文化情報学科卒、最適化数理分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    連続最適化を専門とする研究室に行きたかったというのが一番の動機です.私は学部時代には数理統計学の研究室に属していました,そこでは,数理統計学,機械学習,データ分析などを専門に勉強していました.その中で最適化という理論が重要な役割を担っているということを知り専門的に研究したいとまで思うようになりました.
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    6月の頭くらいから勉強を開始しました.まず最初に,自分が選択したい科目の過去問を一科目二日くらいのペースで一周し全体像を把握することに努めました.その後で本番の得点をより効率的に上げるために自分が何をしたらいいか考えて計画をたてました.やるべきことを明確にするのはもちろん大事ですが,やらないことを明確に線引きしたことで時間をより効率的に投資できたのがよかったかなと思います.
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    box制約と等式制約付きの座標勾配法について研究しています.
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    アットホームな研究室でとても居心地が良く,先生,先輩方が親身になって指導してくださるのがとても良いです.
     

制御システム論分野

青山紘己さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、制御システム論分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    数理工学とは世の中の問題を数学を用いて解決する学問です。数学を用いることで幅広い応用範囲をもつことができます。その範囲の広さが数理工学の魅力だと思い、数理工学専攻を受験しました。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    学部の授業の復習や、 過去問を解きました。 選択問題は、メインとする問題の種類をしぼりつつも、幅広く勉強する方が良いと思います。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    システムに入る外乱の確率的な評価を行っています。
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    研究室に来る時間は自由となっているため、ゼミや研究発表会など以外の時間に全員が研究室にいることは稀です。しかし、まったく誰もいないという訳ではないため, 研究に煮詰まったときには他の人に自分の研究の話を聞いてもらったりします。研究に集中できる環境が整っていると思います。
     

韓ヨウさん
(修士課程2回生、北京理工大学航空宇宙学科卒、制御システム論分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    太田先生の下で制御理論を勉強したかったので、太田先生が所属している数理工学専攻を受験した。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    基礎知識を復習してから、過去問を解いた。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    より少ない情報で、システムを制御し、所望の動きを実現するための制御器の設計法。
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    毎週研究会と進捗報告会があり、先生達から様々なアドバイスをしていただける。 学生間の雰囲気が良い。研究に疲れたときに、皆が集まって、一緒に自分の研究で使われる基礎知識をディスカッションすることも多いため、様々な知識を勉強できる。
     

物理統計学分野

大塚啓司郎さん
(修士課程1回生、京都大学工学部情報学科卒、物理統計学分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    現実世界に存在する巨大で複雑な現象をネットワークでモデル化し、その性質を研究したいと思い、数理工学専攻を志望しました。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    5月頃から研究室内の先輩とwebから集めた過去問を解き始めました。基礎科目、応用科目ともに2科目ずつ勉強しました。分からないところは、その都度webや書籍、過去の講義ノートなどで調べながら勉強を進めました。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    複雑なシステムを結合振動子系でモデル化する研究
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    コアタイムはそれぞれ週1回のゼミと研究室のみです。時間的な制約が非常に少ないのが特徴です。その分、先生と相談しながら計画的に研究を進めて行く必要があると思います。
     

福田久仁佳さん
(修士課程1回生、東京理科大学理学部数理情報科学科卒、物理統計分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    金融工学に関するモデルや分析を行いたいと思っていた為です。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    外部からの受験だったので演習と大学院入試問題機Ν兇鬚劼燭垢蕕笋辰討い泙靴拭2甬醋筝Φ罎鬚靴燭海箸無く、京都大学の入試はぶっつけ本番でした。京都大学に友人もおらず、情報も無かったです。TOEIC対策も特にやっていませんが、良い点が出るまで何回も受けました。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    銀行の振る舞いと資産価格の相互作用について
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    物理統計は学生同士が非常に仲が良いです。また、拘束時間が少ないので時間の管理はしやすいです。さらに、数理工学は世の中に対して応用範囲がとても広いので、研究の自由度がかなり高いと思います。
     

力学系数理分野

山添祥太郎さん
(博士後期課程1回生、大阪大学大学院基礎工学研究科数理科学領域修士課程修了、力学系数理分野)

  • 数理工学専攻を受験しようと思った動機
     
    大阪大学でお世話になった先生方が矢ヶ崎先生とご縁があり、また、力学系数理分野であれば自分の興味のある研究テーマを追究するのに適していると考え、数理工学専攻を受験しました。
     
  • 入試の勉強や情報収集
     
    4月からの半年間は研究生として今の研究室に籍を置かせてもらっていました。博士後期課程への入学試験では筆記試験の免除が認められたので、プレゼンテーションの練習をしました。
     
  • 現在やっている研究・勉強
     
    (特に分散型の)非線形偏微分方程式の解の挙動を調べることに興味があります。特に、力学系的なものの見方を取り入れることで、解の挙動に関してより深い知見を得られる可能性があることはとても興味深いと思っています。今は、修士課程のときの研究テーマの延長として、非線形シュレディンガー方程式の定在波解の漸近安定性について研究しています。
     
  • 研究室の様子や数理工学専攻に入って良かった点
     
    書物や電子データが充実していて必要な文献が簡単に入手できることと、研究室のノートパソコンが使えることがとても良い点だと感じました。研究室では一人当たり十分なスペースが割り当てられていて、伸び伸びと研究を進めることができます。研究室内で定期的に行われるコロキウムでは、他のメンバーや外部の方の研究の現状を知ることができ、良い刺激になっています。
     


Last-modified: 2015-07-15 (水) 17:37:42 (649d)